ミズバショウ(初春)

ミズバショウ (水芭蕉:サトイモ科ミズバショウ属)
2009/03/20撮影

画像

湿地で
白い仏苞炎が
顔を出したあと
大きな葉っぱが
伸びてきます



画像

たくさんの
花が
ニョキニョキと咲き
春のおとづれを
告げてくれます




人の手で守られているので
自生ではないと思います(^_^;A

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年10月22日 21:03
座禅草と水芭蕉が揃いましたね~。
こうしてみるとやっぱり水芭蕉が逞しい?(笑)
楚々としたイメージを持ちすぎていたので、実際に群生に会った時はちょっとショックでした。
2009年10月22日 21:16
ミズバショウ
逞しいですね(^o^)
同じ場所で撮ったのですが
ザゼンソウ
最初は元気よかったのですが
後半はすみっこで
小さくなってました(笑)

2009年10月23日 16:52
こんにちは!
水芭蕉って、尾瀬とかに咲いてる可憐なイメージだったのですが、実際に見るとけっこう大きくてたくましい感じがしますよね。
座禅草と水芭蕉は同じ仲間でしょうか。
2009年10月23日 22:32
のんさん
こんばんは

ミズバショウ
ホントに大きいですね
ザゼンソウと
同じサトイモ科の花ですね
咲き方は似ていますが
形は随分違いますね(^o^)

この記事へのトラックバック