センブリ

センブリ(千振:リンドウ科センブリ属)
2009/10/04撮影
別名:トウヤク

画像

白い花びらは
ちょっと紫がかった
線だけと地味な感じですが
緑と黒の蕊が鮮やかです



画像

秋の日差しを浴びて
風に揺れていました



画像

蕾が開いてくると
花束になります
ひしめき合って
咲いています



画像

開きかけの蕾は
まだ紫色でした




胃腸薬として煎じて飲んだそうです
千回振り出してもまだ苦い
ことからついた名前とか
薬としては効きそうですね(^_^;A

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2009年10月05日 05:53
なつかしい花を拝見しました。子供の頃おばあちゃんから薬草だと教えてもらった花です。
2009年10月05日 07:41
可愛い花ですね♪
ムラサキセンブリしか見たことが無いのですが、
白いセンブリもツボミの時は紫色なのですね。
初めて知りました!
2009年10月05日 21:46
可愛い花ですね~。
大好きな花です。
わたしは子供の頃虚弱だったので、曾祖母に飲まされました。
苦かったです。
こんな薬を飲まされるのなら、仮病の逆で元気なふりをしようかと思いました(笑)。
2009年10月05日 22:56
目黒のおじいちゃん
こんばんは
野草には薬になるものが
ずいぶんありますね(^-^)
昔の人の知恵ですね
2009年10月05日 22:58
マフィンさん
こんばんは
ムラサキセンブリはこのあたりには咲いていないみたいです(T^T)
見てみたいです

センブリにも紫色が濃いものがあるようです
最初に見た時には
ムラサキセンブリかと思いました(^_^;)
2009年10月05日 23:01
ひとえさん
こんばんは
本当に可愛い花ですね(*^-^*)

千回降り出しても苦かったですか(笑)
そんなに苦い薬だったら
見ただけで
元気になってしまいそうです(^o^)

病は気から
みんな飲みたくないから
良く効いたんでしょうか(笑)

この記事へのトラックバック