ナガバシュロソウ(夏)

ナガバシュロソウ(長葉棕櫚草:シュロソウ科シュロソウ属)
別名:ホソバシュロソウ
2009/07/19撮影

画像

草むらの中に
茶色っぽい花が
たくさんつけています



画像

蕾は緑色なのに
膨らむにつれて
茶色になってくるんですね




関東以西の太平洋岸に分布するようです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年01月22日 21:57
シュロソウ、独特の存在感ですね。
おもねる風情がないとでもいうのか、自分が花だと意識していないみたいな花のような(笑)。
好きなので見つけると撮したくなります。
2010年01月23日 01:06
ひとえさん

確かにそうですね
実のつもりでいるのでしょうか(笑)

見つけると
とても嬉しくなります(*^^*)
まりん
2010年01月24日 20:29
エビネの花と似てませんか?
こんなに他の草の中に咲いてて見つけるのが大変ですよね。
すいません、もとさんのブログの中で、ひとえさんの「おもねる」勉強になりました。
2010年01月28日 22:20
まりんさん

ナガバシュロソウ
ちょっと他にない雰囲気です(*^^*)

見つけにくい
花ほど
出会った時の感激はひとしおです(*^-^*)

この記事へのトラックバック