秋の風景~実

2019/11/30 撮影
ナンバンギセル~実(南蛮煙管:別名オモイグサ:ハマウツボ科ナンバンギセル属)
ナンバンギセル(実)

確かここには
ナンバンギセルが
咲いたはず...
今年はここには
逢いに
来れませんでしたが
様子を伺うと
真っ黒になった
実が
ちゃんと
咲いたことを
物語っています
(*^^*)


2019/11/16 撮影
ヤブコウジ~実(藪柑子:別名ジュウリョウ:サクラソウ科ヤブコウジ属)
ヤブコウジ(実)

ハイキングコースの
脇の葉っぱの影に
十両と呼ばれる
赤い実が二つ
おひさまに
輝いています
(^o^)


2019/11/16 撮影
ススキと冠雪の富士山
富士山

ススキの
穂の間から
冠雪の富士山が
くっきりと
見えました
(#^.^#)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひとえ
2019年12月04日 23:45
こんばんは~♪

ナンバンギセルの実は花の頃の優雅な姿とは一変して真っ黒の焦げ焦げみたいになりますね~♪
思いつめすぎたのでしょうか(笑)
ヤブコウジは濃い緑の葉っぱに赤い実がぽつりぽつりで可愛くて好きです。実にもそばかすがあったのでしたっけ?

富士山、冠雪した姿が荘厳ですね~(*^-^*)
わたしは数えるほどしか富士山にお目にかかっていないので、こんな光景を見せて頂くと嬉しいです♪
moto
2020年01月02日 19:40
>ひとえさん
こんばんは~♪
返事書いたつもりでいたのに、投稿できていなかったみたいです(*T^T)
ごめんなさいm(-_-)m

>ナンバンギセルの実は花の頃の優雅な姿とは一変して真っ黒の焦げ焦げみたいになりますね~♪
>思いつめすぎたのでしょうか(笑)
最初はこれがナンバンギセルの実だとはきがつきませんでしたが、回りにたくさんあって、そうだとわかりました(^o^;)
なるほど、思い詰めすぎて、焦燥に焼け焦げたのですね~(笑)

ヤブコウジの実もよくみると微かにソバカスがあるのですね。気がつきませんでしたw(゜o゜)w

富士山は夏場は、雲の彼方と言うことが多いですが、空気が澄んだ冬場は、とても近くに見えることが結構あります(〃▽〃)